着物BAR3周年と大切なお知らせ

カテゴリ:
北野白梅町の日替わり店長の店・魔法にかかったロバ
毎月1回出店している着物BAR
今月は10月18日(木)にオープンいたします。

着物BAR、なんと今月で3周年を迎えます!
2周年のときにも何度も言ってたことなんですが、一度も休まずに36回36ヵ月続けられていることに、私自身が驚いています。
一人では絶対にできない。本当に皆さまのお陰です。
ありがとうございます。
今月はそんな感謝を皆さんにお返しする一日にしようと企画していますので、どうぞお楽しみに!
詳しい内容はイベントページで随時公開していますのでチェックしてね!


IMG_2902




着物BARについて、応援してくださっている皆さまやこのブログを読んでくださっている皆さまに大切なお知らせがございます。
3年間続けてきた着物BARですが、今月をもって休止させていただくはこびとなりました。
再開の予定は未定です。


着物BARを始めた3年前、私はまだ呉服店に勤めていました。
小売り店での商売に限界を感じ、いずれ自分の店を…と夢見始めた頃にまほロバと出会い、すぐに出店が決まりました。
そこからいろいろな挑戦をさせてもらい、念願だった自分の店「水端(みずはな)」を今年4月にオープン。
着物BARでの経験が役立っただけでなく、まほロバ運営メンバーや店長仲間、常連さんたちには多大なサポートをいただきました。
自店を持ってからも、まほロバでしかできない着物BARは様々なチャンスと出会いと楽しみをくれ、水端と並行して続けていくつもりでした。


しかし店を運営するということは容易ではなく、初めてのことも多く自分が3人欲しい…と思うのはもはや日常。
そして「このままでは続けられなくなる」という結論に達しました。

水端でこれからもきものの楽しさを発信し続けるため、一旦水端に集中します。
私が目指すのは、きものが若者のファッションの選択肢として浸透している世界。
それはずっと変わりません。
着物BARは、まほロバは私の大切な基礎の部分を築いてくれました。
本当に感謝しています。
また出店できるその日まで、目指す未来のために全力で頑張ってきます。
どうか気長に待っていてください。



18日は3年間の感謝を込めて、必ず最高の夜にします。
どうか一言激励の言葉をかけてやってください。
大切な皆さんとお会いできることを楽しみにしています。


きもの着てるけどクリスチャンです

カテゴリ:
珍しく、きもの以外について書きます。
普通に長いので(笑)さらっと読み流してくれて構いません。
もっとかみ砕いて手短に教えてよー!という方はぜひ着物BAR(詳しくは末尾)にお越しください。笑




タイトルから一目瞭然なんですが、
実はわたくしはクリスチャン、キリスト教徒です。

きもののイメージが強いせいか、そう言うとびっくりされることも多いんですが(笑)
きものと宗教は全く関係ありません!
特に私の場合はファッションの一部としてきものを着ているので
本当に全く関係ありません。笑
きもののことを除いても、だいたいは皆さんと同じ生活をしています。

実際、どんなところが違うの?
普段の生活ってどんな感じ?
ということを、すこーし書いてみたいと思います。




○私が信じているもの
ひとくちにキリスト教と言っても、考え方は様々。
いわゆる宗派(とはあまり言いませんが)によっても違うし、
教会によっても違うし、個人によって違う部分もあります。
なので敢えて「クリスチャン」ではなく「私が」信じているものについて書かせてもらいます。

キリスト教はいわゆる一神教、神様は一人しかいないという考え方なので、
信じる対象は「神様」です。いくつか呼び方はあるのですが、すべて同じ神様なのでここでは神様と統一します。
神様はこの世界を作った方で、この世のすべてを知っておられる方です。
つまり、私が生まれた理由やこれからの人生、
どんな仕事をしてどんな人と結婚していつどんな死に方をするのか…
ということをすべて知っている唯一の方が神様です。
なので将来に不安があったり心配事があるときは神様に頼ります。
「今週末の大切な仕事がうまくいくか不安です、
神様はすべてをご存じなので私の不安を取り除いて落ち着いて仕事に臨めるように助けてください」というように。
いやもうめっちゃカジュアルに頼るので「明日の朝は絶対寝坊しませんように!」とか
「遅刻しそうなのに鍵がない!神様どこにあるか教えてください〜〜」とか、ほんとすぐ祈ります。


万能の方、神様にできないことはありません。
聖書には神様(または神様のこどもであるイエス様)が起こした奇跡がたくさん書かれています。
有名なものだと死人を生き返らせたこと、
水をぶどう酒に、石をパンに変えたことなど、
有名なモーセが海を分けたことも神様の力によるものです。
IMG_1316
漫画『聖☆おにいさん』より


神様のこどもであるイエス様、と書きましたが、
イエス・キリストと呼ばれるイエス様は神様が人間の姿をもってこの世に来られた人です。
イエス様は最期に十字架に架けられてこの世での生涯を閉じました。
これはすべての人類の罪を代わって背負ってくださったためです。
私を含むすべての人類は生まれながらに罪をもっていて、それを悔い改めなくては天国に行くことはできません。
人間の罪はあまりに大きいのですが、その罪を代わって背負ってくれたのがイエス様です。
しかしその3日後に生き返られたのが人間ではなく神様のこどもである証拠なんですねぇ。
FullSizeRender






○実際に日常生活はどう違うの?
いろいろと小難しいことを書きましたが、なかなか想像してもらうのは難しいと思います。
普段の生活ではどう違うのかをご紹介していくので、イメージしていただければ嬉しいです!

①食事の前にお祈りをする
海外の映画などで見たことがある人も多いと思います。
(そういえば紅の豚でもありましたね)
日々の食事が食べられるのも神様のお陰という意味で、食前に感謝のお祈りをします。
ちなみに特に文言は決まっていなくて、その時々によって変わったりします。


②日曜日は礼拝に行く
日曜日は安息日といって、仕事はお休みして神様のために使う日にしています。
教会では日曜日の主に午前中に礼拝が行われていて、聖書のお話を聞いたり讃美歌を歌ったりして
神様のために時間をつかいます。
※プロテスタントでは礼拝、カトリックではミサと呼びます。
私はプロテスタントなので礼拝と呼びます。


③困ったときや悩み事があるときはとりあえずお祈り!
先に書いたように神様はなんでも知っていてなんでもできる方なので、困ったことが起こると神様にお祈りして助けを求めます。
キリスト教では人間は無力で神様の力を借りて生きているので、自力で解決しようとするのではなくお祈りして神様に助けを求めます。
他力本願?その通り!


④クリスチャンであるということが全ての基準
クリスチャン=神様に人生を捧げた人です。
自分の欲は捨て、他人から見たときに「クリスチャンって誠実で素敵な人たちだなぁ」と思ってもらえるように過ごします。
見た目が大事なのではなく、そう振る舞うことで神様のすばらしさを間接的に伝えることになるからです。
なのでふさわしくない遊びや言葉遣いなどは避け、慎ましい雰囲気の人が多いです。
とはいってもこの辺りはとても個人差があって、その人が「これなら神様が喜んでくれる!」と思った基準なので外見などでは判断が難しいです。
私は今でこそ落ち着いた(と思っている)のですが、一時期はパンクな恰好をしてましたしそれで教会にも行ってました。笑
IMG_1319
いつかのクリスマス、通っている教会で。
教会で撮った写真がなさすぎて何年も前のです…






長々と書いてしまいましたが、なかなか文面だけでは伝わりにくいことも多いと思います。
でももっとキリスト教について知って欲しい!



そこで!



今月26日の着物BARで宗教トークします!
といっても決して堅苦しいものではありません。
ゲストにお坊さん女子をお迎えし、キリスト教だけでなく仏教についても比較しながらお話しできたらと思っています。
ずばり、イメージは『聖☆おにいさん』!!
FullSizeRender
キリスト教・仏教にまつわるお料理を食べながら、ゆる~く宗教の気になるアレコレについてお話しましょう♪
もちろん、通常通りきものの販売やご相談も受け付けています。
当日は無記名の質問箱などもご用意するので、どんなことでも気軽に質問してください!
「こんなこと聞いたら失礼かな…?」なんてことは何一つないので安心してお越しください(^^)
たくさんの方のご来店をお待ちしています!

詳細はこちらから♪


IMG_2902

1着8000円の浴衣は高いか?

カテゴリ:
浴衣ウィーク

「若者にもっと気軽にきものを」というミッションのもと、これまで同世代や学生と様々なイベントをしてきました。
このところ大学生とのコラボが続いたなかで、もっと若い人たちともできないか?と思いつき、上京区の放課後教室・studio あお の皆さんと夏休みの特別プログラムを作ることになりました。
スタッフの学生たちと練った企画は「好きな生地を組み合わせてオリジナルの浴衣を作るって着てみる!」というもの。
生地は浴衣地ではなく市販の洋服生地で、縫製も和裁ではなくミシンです。
学校でミシンを習ったことのある小学生高学年~中学生を対象としていますが、それ以外の学年でも受講可。
作るだけでなく、きものの歴史や豆知識などを私からお話する時間もあります。
最後には完成した浴衣でお出かけイベントをもってお披露目、ゴールとなります。

きものはハードルが高いけれど浴衣なら、という人はびっくりするほど多いです。
しかも洋服生地となれば汚れても洗濯機で洗えるし、お家の方のストレスも激減。
夏休みならではの体験にぴったりだと思いませんか!?

製作に使用するのは市販の型紙と生地なので、裁縫好きの方は経験したことがあるかもしれません。
しかし今回特別なのは「生地選びの自由さ」。
いわゆる和柄ではなく、普段からなじみのあるポップな柄の生地を、それもパーツごとに違う柄を組み合わせることができます。
つまり、片身変わりのように左右の身頃を切り替えにしたり、衿だけ色を変えたり、はたまた全パーツ違う柄にするなんてことも可能。
まさに世界に1着だけの浴衣です。
仕立ての知識のある水端が講師となることで、初めての人でも「この柄をここに使うと仕上がりはこう見える」というイメージをしながら作ることができます。
柄は私を含むスタッフが選んだ柄の中から複数種類選んでもらいます。
今のところの候補は、カラフルなドットやスイーツ柄、チェック、生き物の柄など。

塾での開催ということもあり親子参加を原則としています。
手作り好きのお母さんお父さんにも一緒に楽しんでいただけたら嬉しいですねぇ。

IMG_0209 (1)
スタッフの男の子がモニターとして一足先に挑戦してくれてます!


ところでこの企画、受講料として8000円頂戴しているんです。
材料費、型紙代などを含めた料金なので高くはないと思います。
が、一般的に、参加を検討する場合、この価格はどうとらえられるのか?

この点については企画メンバーでも繰り返し話し合いました。
確かに、ひとつのイベントでこの金額を参加費として設定することは私もあまりありません。
しかし、理想の浴衣が手に入るとすれば?

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_s

一般的に世の中で販売されている浴衣の価格は、1000円台~数万円と実に様々。
全国チェーンの量販店で買える仕立て上がりのものでだいたい5000~10000円程度です。
セットでおトクに買えるものもあれば、有名セレクトショップなどだと3万円ほどのものもあります。
8000円以内で購入できるものは、数だけで考えれば結構たくさんあります。
しかし、はっきり言って「よくある浴衣」という印象です。
実は私は開業する前に量販店の浴衣売り場で販売のアルバイトをしたことがあるのですが、その時の商品に対する感想は「ずば抜けて可愛いものを見つけるのは難しい」でした。
もっと分かりやすく言えば、「誰かとかぶりそう」です。

確かにかわいいものはあります。
現代風のちょっと変わった柄や凝った配色のものもたくさんありました。
しかし、どれもこれという決定打に欠ける印象だったんです。
それは私が常日頃からきものに触れているからでしょうか?
そうではないと思います。
現に今年の祇園祭宵山期間、街を歩いていて「販売店(メーカー)を特定できる」浴衣を着て歩いている女の子たちを少なくとも3人は見かけました。

多くの女の子たちにとって(男の子にとってもそうでしょうが、女の子は特に)、浴衣は特別な衣装です。ドレスです。
浴衣を着るときは髪型やアクセサリーやメイクやネイルも浴衣に合わせてコーディネートするでしょう。
何日も、あるいは何週間も前から準備をして抜かりなくおしゃれするはずです。
私自身、着付けのきの字も知らなった小学生の頃から浴衣を着るときはそうでした。
ヘアアレンジの本やサイトを調べて、雑貨店を巡ってアクササリーやコスメを買いそろえていました。
そんな一張羅であるところの浴衣なら、絶対納得のいく一着を見つけたいはず。誰かと被るなんてもってのほかです。


仮に予算が8000円未満だった場合、条件を完全に満たす浴衣をみつけるのはなかなか至難の業のように思えます。
そう考えると、お気に入りをゲットしたいおしゃれボーイズアンドガールズの理想を満たすのに手作りするというのは理に適っていると思いませんか?
もちろん洋服生地なので家で洗えるし、サイズが変わらない限りは着られます。
難しいのはその「サイズが変わらない限り」という点で、
成長期のボーイズアンドガールズには1年後にも同じ浴衣を着られる保証がないので1着に8000円を安いと言えなくなってしまうのでしょうね。
とはいえおしゃれにこだわりが出始める年頃の子供たちには絶対楽しいはず。
かくいう私も、浴衣をすでに10着近く持っている私でさえ、自分で作れるとなったらめちゃめちゃテンションが上がってしまい生地屋さんで生地を選ぶのに2時間ほど費やしました。

価格を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、今回の企画内容としては個人的にはなかなかおトクだと思っています。
呉服業界の人間は値段感覚が麻痺してる、なんてよく言われるんが…どうでしょう?笑


考えているうちに値段のことをいろいろと考えてしまってなんだか押し売りみたいな文章になっちゃいましたが(笑)、プログラムにご興味をお持ちくださった方はぜひご検討ください。
小学校高学年~中学生が対象ですが、低学年の方のご参加もありますしミシンを使うのに問題がなければ大歓迎です。
詳しくはstudio あお FBインスタグラムでご覧ください!
お申込みは専用フォームより。

は~~~ドキドキ。最高の夏休みになるといいなーー!!

このページのトップヘ

見出し画像
×